幻冬舎コミックス GENTOSHA COMICS

幻冬舎コミックス GENTOSHA COMICS

作品タイトル・シリーズ

「てのひら怪談」に関する情報

テノヒラカイダン
 川で溺れてからというもの、ゆうれいが見えるようになった日下。
日ごと現れる〈白い手だけ〉のゆうれいに、なつかしいような、とてもよく知っているような、不思議な感覚を抱いている。

寮のベッドの上で夢見悪く目覚めた朝、親友の数馬(スウ)の様子がなにやらおかしい。そしてふと気がつく――この学校には「乱暴でひどい口をきく先生」と「そばかすの生物委員の男の子」、「スウ」と「自分」のたった四人しか存在しないということに。

スウが口にする「ふくしゅう」とは? そして四人しかいない学校の秘密とは――?
日下
(くさか)

川で溺れて以来ゆうれいが見えるようになった。そういう類のものに好かれてしまう体質。
平片数馬
(ひらかた かずま)

日下に「変だと思ったらよく考えて確認すること」と散々言い聞かせる親友。ピアノが得意。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • メールでリンクを送る

既刊書籍

てのひら怪談

[バーズコミックス ルチルコレクション]

  • 四宮しの[著]
  • てのひらかいだん
  • 漫画::ボーイズラブ
  • B6判並製
  • 本体価格 630円+税
  • 978-4-344-83145-2
  • 2014年6月24日

この世ならざるものに心寄せてしまう日下と、危うい彼が心配でならない平片。親友同士?それ以上?のふたりが紡ぐ、やさしい怪異譚。...

  • バーズコミックスシリーズ
  • リンクスロマンス
  • リンクスコレクション
  • ルチルコレクション
  • 幻冬舎ルチル文庫
  • 幻冬舎ルチル文庫L
  • スピカコレクション
  • 幻狼ファンタジアノベルス
  • 幻冬舎コミックス漫画文庫

刊行予定

新刊情報

刊行情報